経済指標から為替を理解!そもそも経済指標って?

ファンダメンタルズ分析で為替を読む。FXで未来を見る方法 の記事の中でも触れた経済指標

FX取引を行う上で相場の変動の先読みをしていくためにチェックすべき経済指標ですが、そもそもどういったものなのでしょうか。

また、どのように為替に影響をあたえているのかもあわせて解説していきましょう。

PAK88_tokyoekihitogomi20150109174847_TP_V

「経済指標」って何?

経済の動向を見ていく上で経済指標はとても重要です。

国ごとに発表され、各国の経済の状況を紐解く要因を数値化したもの、経済に関連した数値の統計を「経済指標」といいます

発表するのは政府機関である中央省庁(日本で言うと財務省や経産省など)、国の中央銀行(日本では日銀)です。

国の経済動向の良し悪しで、その国の通貨の価値が変わってきます。強い通貨は買われますし、弱い通貨は売られてしまうようになりますが、こういった売買の判断材料になる経済指標はFX取引をしていく中で必ずチェックすべきものなので覚えておきましょう。

「経済指標」にはどんなものがあるの?

各国の経済動向を数値化する経済指標にはかなりの数があり、大体毎日どこかの国の経済指標が発表されています。

例えば代表的なものがニュース等でもよく耳にするGDP(国内総生産、その国の国内で新しく生産された商品、サービスの付加価値の総額)や小売物価指数住宅着工件数、消費者物価指数、失業率など、分野も多岐に渡り指標の数自体もかなり多いです。

FX取引をするときにこういった経済指標を全て見てから売買を判断するとなると時間もかかりますし、利益を上げるチャンスを逃してしまいそうですね。

「経済指標」は何をみればいい?

国ごとに経済指標は発表されますので、まずは自分が取引をしている通貨の国の重要な経済指標は必ずチェックしましょう。米ドル/円での取引の場合はアメリカと日本は要チェックです。

PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V (1)

ここでのチェックポイントはアメリカの経済指標はどの国の通貨の取引をしていたとしても必ずチェックするようにしましょう。世界大国アメリカの経済状況の変化は世界各国に波及する場合が多いので注意が必要です。

また、経済指標で重要な情報は4つ。「金利」、「景気」、「物価」、「貿易」です。この4つの指標の数値の良し悪しが為替市場に大きく影響します。

 

特に重要な「経済指標」は何?

トレーダーが必ず確認しておくべき経済指標はGDPの他、アメリカで毎月第一金曜日に発表される「米国雇用統計(非農業部門雇用者数・失業率)」が重要です。

アメリカの雇用情勢を調べた数値の統計で、景気動向に大きく作用することから為替市場も月に一度のお祭り状態になります

「経済指標」について詳しく知りたい!

経済指標はFX取引などをしていないと、日常生活では触れる機会があまりありません。もし初心者の方で「経済指標は大事と言われてもよく分からない」という方がいらっしゃいましたら、FX系のブログやWebサイトを覗いてみるのもよいでしょう。

また経済指標の予想をする場合は、インターネットの2ちゃんねるなどの掲示板でも予想情報などの書き込みがされています。(ただし情報は玉石混合なので注意しましょうね。)

IMG_2590

「経済指標」は必ずチェック!

いかがでしたでしょうか。FX取引に大きな影響を与える経済指標の発表。

重要な指標が発表されるときにはトレードをしないというトレーダーもいるくらい為替は変動が激しくなりますので十分に注意して取引をしていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です