原点回帰2

さあ後半戦です。
浴槽ではとても良い感じで恋人気分を味わうことができました。
ソープ嬢からマットにするかベッドにするか聞かれましたが、私は迷わずベッドでプレイをいます。
マットプレイも最初の頃は良かったのですが、ヌルヌルしすぎて腰を振る時に踏ん張れないんですよね。つるっと滑って本領発揮ができないw
なのでベッド一択なんです。

体を拭いてベッドの上に行くと、早速コトが始まりました。
何度も書きますが、この子はとても雰囲気が良くて、飲み込まれてしまいそうになります。
そんな彼女を見ていると、自然にキスしたくなってくるんですよね。
最初はフレンチキスから始まって、次第に舌を入れたキスになりました。キスが終わる頃にはお互い相手を欲しているのが分かります。
彼女の胸にしゃぶりつくと、柔らかな弾力がとても心地よく、このまま眠ってしまいそうになります。
そして硬くなった乳首を舌で転がすと、可愛らしい声で悶えて来ます。
私はそのまま愛撫を下半身に移動して、大きく肥大したクリトリスに到達したのです。
興奮して熱くなった股間は、とても綺麗で、しばらく観察したい衝動に駆られました。
ソープ嬢は、「早く舐めて〜」と懇願して来ましたが、ちょっと焦らして息を吹きかけたりビラビラを引っ張ったりして遊んでいました。

しばらくそんなことを続けていると、彼女の手が私の頭を押し付けて、強制的にクンニへとなりました。
肥大したクリトリスは少し舐めただけでもビクビクと脈打ち、彼女は絶頂を迎えています。
試しに舌を尖らせて、奥まで入れてみると、悲鳴にも似た声で彼女はイッてしまいました。

私はその光景に興奮してしまい、そそくさとゴムをつけて彼女の綺麗な股間にゆっくりと挿入しました。
正常位で挿入したのですが、彼女の感じている姿を見ながらのピストン運動は格別です。
次第に動きが荒々しくなっていき、しまいにはものすごい速さで腰を振っている私がいました。

ここまでくればイってしまうのも時間の問題です。
最後は彼女の中に大量に射精し、私も果ててしまったのです・・・。

帰り際に女の子から名刺を渡されました。
みんなに渡してるんでしょうが、嬉しかったですね。また来たいと思ってしまいます。

ちょっと生々しい文章になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
こんな感じで素晴らしいソープの体験ができました。

ソープランドはなかなか敷居が高いように思われがちですが、一度流れを知ってしまえば難しいことではありません。
スタッフさんも女の子も優しく教えてくれますので、初めてソープに行くという人も安心してプレイできると思います。
また、水戸は優良店が揃っていますので、どのソープに行っても比較的安心できると思います。

すでにまたあの子に会いたい気持ちでいっぱいですが、金銭的に何度も行っていられないので我慢です。
次行くときはプレイ時間をもう少し長くしてみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です