FXの取引方法はたくさん!あなたにぴったりを見つけよう

FXというと暗い部屋の中でパソコンの前にずっと貼りついているイメージがありますが、実は今サラリーマンや主婦の間で隙間時間の副業としてもFXは注目されています。

株取引は平日の日中のみと取引時間が制限されますが、FXは平日であれば24時間取引できますし、最近ではスマートフォンのアプリでいつでもどこでも簡単に取引ができるようになりました。

そんな今注目のFXですが、どうやって取引をすればいいか分からない方も多いはず。そこで今回はFXの取引方法についてご紹介していきます。まずは自分のライフスタイルに合わせたぴったりな取引方法を見つけましょう。

ac198eb0a3b8a1e48922c9bc79945243_m

取引方法を決める!①レバレッジ

FX取引でよく聞く「レバレッジ」。FXはこのレバレッジを使って取引会社に預け入れた金額の数倍~数百倍で売買ができるようになっています。日本では個人取引の場合、レバレッジは25倍に規制されていますね。

レバレッジ25倍で取引をした場合、FX業者に1万円預けいれたとすると単純計算で25万円分の取引ができるようになります。ただし、FXでの損益は売買の差額になるので注意が必要です。

レバレッジの仕組み

例えばここでは簡単にレバレッジ10倍で取引したとしてどのような取引になるのか計算してみましょう。1万円をFX業者に預け入れた場合、10万円分の取引ができるようになりますね。アメリカドルが1ドル100円のときには1,000ドル買うことができます。

10万円で1,000ドルを買った後に1ドルが120円になったので1,000ドルを売ったとしましょう。1,000ドルは12万円で売れることになりますね。この10万円からプラスになった2万円を利益として受け取りができ、これを差金決済といいます。

レバレッジは諸刃

レバレッジの仕組みについて理解できたところで、気をつけなければならないことが1つ。

レバレッジは損失にも大きく関わってくるということです。高いレバレッジを設定すればその分利益も大きくなりますが、その逆もあることを覚えておかなければなりません。

レバレッジは諸刃、ハイリスク・ハイリターンということです。

tsuruetoushi3_TP_V

取引方法を決める上で、大きな損失を出さないためにも初心者はまず低いレバレッジ設定から始めたほうが安心ですね。

取引方法を決める!②取引スタイル

次に取引のスタイルについて。自分の資金を短期運用するのか、長期運用かという観点で見ていきましょう。

短期運用(デイトレード、スキャルピング)

1番有名なのはデイトレード。「デイトレーダー」という言葉も一時期よく耳にしました。

「デイ=Day」で1日という意味ですね。1日で何度も通貨の売買をおこない利益を出していく手法です。売買を翌日に持ち越さず、取引を1日で完結させていきます。

取引回数も多くなれば、それだけ損益も発生しやすくなるトレード方法です。

そしてデイトレード以上に超短期での売買を繰り返すのがスキャルピングというトレード手法。よくインターネットの掲示板などでは「スキャる」という造語が登場します。

スキャルピングは数秒、数分単位での売買を繰り返し、数銭から数十銭といった少ない利益を何度も抜いて利益を上げる方法です。デイトレードよりも売買回数も多くなりますし、何度も売買を繰り返すための冷静な判断を即時にする必要があります。

スキャルピングは相場に慣れているどちらかと言えばFX上級者向けの取引手法ですね。

tsuruno4_TP_V

長期運用(スイングトレード)

初心者や時間がない方向けなのが1日以上の長い期間で取引をおこなうスイングトレード

相場を大きく変動させるような経済ニュースなどのチェックは欠かせませんが、デイトレードのように1日に何度もチャートを見る必要もなくじっくり腰をすえて取引をおこなっていきます。

また短期運用よりも1回の取引で大きな利益が望める可能性もありますね。

取引方法を決める!③システムトレード

最後にご紹介するのがシステムトレード。最近FX取引でも人気が高まっています。

システムトレードはその名の通り、自分に変わってシステム(プログラム)が売買取引を自動でしてくれるというものです。

あらかじめ売買の条件をシステムへ設定する必要はありますが、システムを止めない限り24時間で仕事をしている間でも自動的に自分の代わりになって取引をしてくれます

注意!システムトレードは万能ではない

システムトレードは自分の代わりに働いてくれて利益を出してくれるとても魅力的な売買方法です。ただし、「システムはシステム、万能ではない」ということは肝にめいじておきましょう。

決められたルールの中で取引はしてくれますが、もし相場が急変してしまうとシステムは相場の値動きについていけなくなってしまうこともあり、正常に動作せず大きな損失をだす可能性もあるということです。

tsuruno34_TP_V

自分にぴったりな取引方法は見つかりましたか?

いかがでしたでしょうか。FX取引はレバレッジ設定や資金の運用期間、またシステムトレード等多くの取引方法の選択肢があります。

自分にぴったりなFX取引方法を見つけていきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です