FXの注文とロスカットの関係って?誰でもわかる基礎からのFX

FX取引のシステム、そしてリスクとして必ず確認しておかなければならないのが恐ろしい「ロスカット」

「ロス」とは損失のことを言い、損失をカットするという意味ですが、FX取引の場合は損失が一定額以上膨らんでしまった場合にFX業者側で自動的に自分の持っているポジションが決済されてしまいます。

ロスカットが働く基準はFX業者によって異なりますので注意してください。

損失を膨らませないための措置として働くロスカットのシステムですが、実はFX業者に自動的にロスカットされてしまう前にFX取引である注文をすることによって自分でロスカットする金額を設定できます。

それでは詳しく解説していきましょう。

tsuruno26_TP_V

まずは「ロスカット」について知ろう

FX取引をおこう場合、FX業者の取引口座に取引に必要な金額(証拠金)を入金し、入金した証拠金にレバレッジをかけて為替の売買をおこないます。

相場はいつも自分の意図通りに動くわけではありませんので、もし逆に相場が動いてしまった場合にはもちろん自分の持っているポジションが含み損(マイナス)の状態になることもあるでしょう。

このマイナスの状態について、入金した証拠金の維持率がFX業者ごとに定められた水準(ロスカットレベル)を下回った場合にロスカットは執行されるようになっています。

含み損の状態ということは、トレーダーにとって相場のレートは不利な状態です。その不利な状態で強制的に決済されますのでもちろん利益はなく決済されることで損失になってしまいますよね。

ロスカットのルールがないと損がどんどん大きくなって・・

不利なレートで強制決済されてしまうロスカットですが、実はトレーダーの資金を守る役割もあることは忘れてはいけません。

ロスカットが執行される状態では、基本的には証拠金はまだマイナス(借金)にはなっていませんので、もともとの入金額からの損失は出ている状態ですが、入金金額以上の損失は発生しないようになっています。

つまりロスカットルールがないと相場の動きによってどんどん含み損が広がってしまいますので、トレーダーは取り返しのつかない借金を負ってしまうことになりますね。

tsuruno34_TP_V

ロスカットは正常に機能しない場合もあるので注意!

ただしロスカットはFX会社のシステム上で行われますので注意が必要です。システムは万能ではないので、急な相場の変化についていけずロスカット水準になっているにも関わらず、水準の金額どおりに決済されず、自動的に借金の状態で決済されてしまうこともあります。

システムはシステムということを理解して無理のないトレードをすることが大事です

「逆指値注文」でリスク回避しよう!

FXの指値注文と成行注文を徹底解剖。先ずはこれから知ろう の記事ではFXの基本的な注文方法で、売買・決済のときに使う「指値注文」、そして自分にとって不利なレートで注文を入れておく「逆指値注文」について解説しました。

FX取引をするときには利益を最大限に出しつつ、損失は最小限に食い止めるということが基本です。

その損失についてFX会社の自動ロスカットでは損失が大きすぎますので、自分でFX取引の注文を出すときに「逆指値」を入れておきましょう。

例えば、米ドル/円の取引で1ドル100円でドルを買ったとして、相場がどちらに行くのか予想がつきにくい場合など、逆指値で99円で売ると入れておけば損失は1円下がった分だけに限定されるということです。

特にデイトレードなど短期でFX取引をされる方にとって、自分でおこなうFX取引のリスク回避として「逆指値注文」はとても重要ですね。

さらに、IFD・OCO注文って?買いと売りが一緒になった?の記事の中で紹介した「IFD(イフダン)注文」も逆指値注文を同時に入れることで損失が限定されます。

CC176164336_TP_V

損失回避はFXの基礎!

いかがでしたでしょうか。魅力的なFX取引には利益への期待の反面、レバレッジのきいた損失のリスクもあります。

そのリスクを軽減するためにもロスカットルールの理解と、自分で損失を回避するための注文を使いこなすことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です